The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
学生とのメールのやり取りで・・・
2011-03-15 Tue 16:48
さまざまな「便利」が変わっていくかもしれません。

変わって欲しいと願っていた、就職活動が変わるかもしれません。

どう変われば、社会にとって。
学生が社会人へ移行するには良いのか。
色々な考えはあります。
それを「妄想」と一笑されずに聞いて頂ける好機かもしれません。

今日は、4月からの新聞連載の原稿を書いていました。
しかし、頭があまり動かず・・・そんなときに学生からメールが。

アドバイスを考えるのは、私の新しいスイッチを押してくれる。素直に嬉しい。

社会人になるまでは、社会人をみること。感じること。
出来れば上等な社会人のそばで社会人になってほしいと。

すると、すぐに「それはどんな社会人ですか?」と返信が。

いいねぇ~「ふぅーん」と流さずに、「具体的に」と聞き返すのが彼女のイイところ。

下記は、私の返信の抜粋です。

それは、どれだけ上等な社会人を身近にいるかによって、ものの見方。感じ方。礼儀。人との距離感を盗めること。
そして尊敬出来る人の価値観や社会観、世界観を知ることは「成長」に直結します。

この「上等」の定義はね。私の勝手な言い草だけど。今まで生きてきた中で凄い・素敵と思った大人はみんな同じなんだよね。

フェアーである。
大局観をもっている。
おおらかである。
清潔である。
ケチでない。
人を区別・差別しない。(雇用形態の違いで差をつけたりしない)
ポジティブである。

情報処理力だけでなく、情報編集力をもち、社会とのリンクを貼るのが上手。

そんな大人がたくさんいる会社で働くことは、大切だと思います。

2月に書いた「人たらし」にも通じる点が多いのですが。
ちょっと職場では違うところがあるかなって思います。

これは、一度ちゃんと区別して考えましょう。



スポンサーサイト
別窓 | 日記
| キャリアバトン ~小島貴子ブログ~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。